アパートのメリットは賃料の安さや通気性、吸湿性の高さ

アパートの多くは、木造や軽量鉄骨などを使って建設されています。鉄骨造や鉄筋コンクリート造のマンションに比べ建築コストがかからないため、賃料を安く設定できます。また、戸数も少なく、エレベーターやエントランス、駐車場といった設備のコストも抑えられるため、共益費や管理費なども安くなる傾向にあります。そして、木造アパートの場合には通気性や吸湿性が高いというメリットもあります。壁や天井に若干の隙間を空けて建てる構造の特性から、夏場の暑い時期にエアコンを使わなくても涼しく過ごせるので、電気代の節約ができます。梅雨の時期には木が水分を吸水してくれるため結露しにくくなります。アパートは家賃をなるべく抑えたい!という人には最適です。

アパートのデメリットは防音性の低さ

木造または軽量鉄骨のアパートは、鉄骨造や鉄筋コンクリート造のマンションに比べ防音性が低く、隣室や上下階の住人の生活音が聞こえやすいというデメリットがあります。扉を閉める音や掃除機をかける音、ドンドンと歩く足音、アパートによっては話し声までもが聞こえてしまうということもあります。他の住人の生活音が聞こえるということは、自分の生活音も聞こえてしまう、ということです。特に小さな子どものいる家庭では他の住人に配慮した生活を送らなければなりません。 音に敏感な人は、このような他の住人の生活音をストレスに感じてしまうことがあるかもしれないので避けておいた方が良いでしょう。また、アパートは低層の建物が多いことから、バルコニーや窓、玄関等のセキュリティ面が心配されます。そのため、しっかりと防犯対策を行う必要があります。