低家賃で一戸建て感覚で住める

ファミリーで賃貸物件を利用するとき、ファミリー向けのマンションか賃貸の一戸建てを探すでしょう。安さを求めるならマンションでしょうが子供が小さいと音が気になったりします。一戸建てとなると賃料がそれなりにしますしマンションよりも物件が少ないかも知れません。そこでそれぞれの中間的な位置にあるテラスハウスの利用を検討してみましょう。テラスハウスは日本語では長屋を指し戸建て住宅が一続きになっているような物件を指します。古いタイプだと一階建てもありますが一般的なタイプは二階建てなどが多いでしょう。住宅の中身はほぼ一戸建てで専有で使える庭や駐車場が住宅の前に用意されています。家賃も完全な一戸建てに比べると安く設定されていて利用しやすいです。

隣り合う家との距離が近い

子供がいる家庭においては子供がたてる音を気にする人が多く、マンションよりも戸建てに住みたいと考えるようです。新たに賃貸物件を探すときにはマンションではなく戸建てを探すようですが、その時に見つけるタイプとしてテラスハウスがあります。こちらであれば二階で子供が騒いだとしても他人に迷惑がかかりません。確かに二階の音は一階に響きませんが隣と壁でつながっている部分に関してはそれなりに音が響きます。足音などは気にしなくていいですが騒いだりすると迷惑をかけるかもしれません。玄関や庭の部分も隣との距離が近いのでそれが気になる人もいるでしょう。庭の部分にちょっとした塀があると境界がわかりやすく互いに気を遣わなくなり住みやすくなりそうです。